RSS

 

RSS


映画:007 ノー・タイム・トゥ・ダイ

  • いわいまさか
  • at 2021/10/04 00:12:05


007 ノー・タイム・トゥ・ダイを観た。
2021年10月3日10:40~
渋谷TOHOシネマズ

映画の感想なので、それはそれ、ネタばれ注意。

思ったことをなるべく時系列で。

ダニエルクレーグの007はネットで買ったのを含め、全部観ている。が、把握しているとはいいがたい。

NO TIME TO DIE というサブタイトルからして007っぽいのだ。

ダニエルクレーグシリーズは進行が「説明的ではない」ので、その点は心得てみていたが、わかりにくいのだ、やっぱり。

長めのオープニングの後、タイトルのMVがあった。拳銃が空中を飛んでいて発射した弾びつくとDNAになるとか。玉の弾道が重なると、モザイク的な絵が現れるとか。なんか楽しいのだ。そして下品なのだ。下品なのは007のもとからだから、金粉の人が踊るとか。

タイトル音楽の最後のいつもの和音(わかりますでしょうか?)がいつもと違うような気がしたが、音色が違うだけで和音はかわっていないのかも。

007の作品の舞台が世界中をしゃらっと切り替わるやーつは、寒いヨーロッパから、ジャマイカからキューバから日本とロシアのもめてる水域までいろいろ。

前半のわかれの列車のドアがしまるところですでに「あら子供できた~?」思ったが、そのシーンがそう思うように作ってあったかどうかはわからない。さらには、余計なお世話的だが「避妊してないの~」とか思った。

ジャマイカのレゲエバーは楽しげだった。本当にジャマイカにレゲエがかかるバーまたはディスコまたはクラブがあるのかは知らないが。

アナ・デ・アルマス演じるCIA諜報員パロマは、登場でいきなり胸露出多めの衣装で、おっちょこちょいそうで、さっと、活躍して、さっと消えてった。ボンドガール♡

映画の途中で、まてよ、この映画長いなと思いはじめたが、あとで調べてみると2時間43分。寝ないでみれたのでよかったってことで。

日本の服、挨拶、庭園、能面、領土問題とか出てくるが、「気持ち」としては日本はあまり関係なく。

ダニエルクレーグシリーズは、多めに恋愛要素を含んでいる。他の007にはない。なんか、しゃらくさい感はある。

ブロフェルド・スペクターが毒を作らせていた組織があって。それをなんかの加減(映画のなかでは言及していたかも)で始末することになって。始末したのがホワイトで。始末された家族の生き残りがサフィンで。ホワイトの娘は、マドレーヌということで。この説明だけでゼイゼイいうので、映画が長くなるわけだ。

今回のヴィランのサフィンはある種の毒使い。「子連れ狼」の公儀おくちやく阿部頼母を思い出す。阿部頼母は武芸はできないが、子連れ狼を倒すことに関しては、一番いい線いっていた。
サフィンも007を最大苦しめたといえる。

ダニエルクレーグシリーズはハードボイルドなんで、今回もそれは踏襲している。

設定の「フックが弱いところ」「何で?に答えられないところ」があって、それは調べても答えは、出てこないもんだと思っている。いや、もともと、設定が複雑すぎるのが問題なのかも。

お決まりの自己紹介「ボンド、ジェームスボンド」は、ボンドガール相手とか、仲間になる人とかに言うもんだが、今回は、税関みたいな人に言っていたwww

「ドライマティーニをステアで」と、こだわりで頼んだカクテルをパロマはガバッと飲みほしていたwww



2021年8月29日(日)10:00
丸の内ピカデリードルビー(場所が二つにわかれていてドルビー売りの方)
ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結
この日、昼過ぎから大喜利会が芝大門であり、その前の時間で映画を観る。映画の感想なのでそれはそれ、ネタバレ注意。

DC作品は、コミックと映画となんならアニメの設定があり、まず、どの設定、どのキャラを持ってくるかのところから考えられている。作り手として、なかなか、大変なような、楽しいような。

ハーレイ・クインが出る作品の3番目なのだ。1作目は映画館で観た。2作目はコロナの影響などで、映画館でみれなかったので、ネットで買ってみている。1作目はそれほど武術派ではなかったけど、2作目からはそれを解禁、今作もバリバリアクション。設定としては、精神科医になる前に新体操の選手だったとのこと。

https://wwws.warnerbros.co.jp/thesuicidesquad/ 公式に「ネタバレなので観てから読んでね」というコーナーがあったので見てみる。読んで見ると、えーーーっと、それほど、ネタバレではないのだったwww。詳細設定が書いてある感じ。別途、映画館でパンフレットを買った。WEBの公式サイトと、パンフとwikipediaを読み込むとそこそこ、追いついた気持ちになるのだった。

映画内、フリと回収がたくさんあった。マジ。ネタバレ。
・サーバントが映画の冒頭でボールを使って、鳥を殺していた。サーバントのあたまがふっとんだあとを同じ種類の鳥がついばんでいた。
・ブラッドスポートとピースメーカーの俺の方が凄腕で自慢のときに、ピースメーカーが「俺の方がもっと真ん中にあてる」と言っていた。後半の二人の決戦のとき、二人とも寸分違わず向かいあった弾道の弾を打ったが、勝敗を決したのは弾の大きさだった。
・ヨトゥンヘイムに乗り込むときに、かっこいいエフェクトのかかった、みんな横並びでGメン75的に歩くシーンに一般人のミルトンが入っていた。かくして、塔の上層階で敵の銃弾で死ぬことに。
・カイジュウを倒すべく目の部分にハーレイが飛び込んだ。続いて入ってきたネズミ軍団の中に、いつもラットキャッチャーといっしょにいるチョッキを着たネズミさんもいた。

この映画はいくらか妖怪モノでいくらか怪獣モノなのだ。妖怪モノは泣けるなやっぱり。


映画:妖怪大戦争 ガーディアンズ

  • いわいまさか
  • at 2021/8/27 05:48:01


2021年8月26日(木)16:00
渋谷TOHOシネマズ

妖怪大戦争 ガーディアンズを観た。
映画の感想なのでそれはそれ、ネタバレ注意。

 いや、妖怪モノは泣ける。

①妖怪モノのよくあるプロットは「人間の話からはじまって、妖怪が多めにかかわってきて、実はたいへんなことで。。。」みたいなのは多いハズだけど。今回のは、最初から妖怪全開だったと。

②妖怪役を誰がやってるかも楽しみだ。なのだが、知っていなかった俳優さんも結構いて、逆に妖怪側から俳優さんを知る的なことで。そもそも寺田心にピンと来てなかったし。

③そして、妖怪やもののけ、モンスター自体、何が出てるかも楽しみで。

パンフレットを買おうとしたが、そこでは、売ってなかった。②③の答え合わせに応えてくれるのは、wikipediaなので、それをみるとよい。以下、そこから拾いながら。

 主人公兄弟の名前が「けい」「だい」なのだが、かってに「だい」には「大」、「けい」わからずと、あてはめてみていたが「兄」「弟」だった。 杉崎花が演じていたキツネキャラが実は九尾狐だったという、今までの作品で、なさそうな、ありそうな設定。安藤サクラが演じてるのは「うぶめ」だよねというのはわかった。死んだ赤ちゃんだいてるし。大倉孝二が何役なのかわからなかったが、猩猩だった。つまり、造形から受け取るに「猩猩は赤い毛を持った怪物で決して大猿ではないよ」ということだと思う。カラス天狗が出てくるがこれも「天狗といったらこいつのことで天狗とカラス天狗とわける必要はないよ」みたいな。雪女役が大島優子でことばなくして隠神刑部が「大好き」ということを表現していてよかった。隠神刑部は狸の大将で、ゴーストライダーっぽい。その人を知っているがその人だとわからなかったのは、大首の石橋蓮司と妖怪国際会議議長の雨降小僧の荒俣宏。

 妖怪のデザインがいくらか、脱・水木しげるなのだった。一反木綿とか輪入道とか。

 とても泣けた。けど、他の人の感想を読んだら、泣いたという人はいなかったw


映画:東京リベンジャーズ

  • いわいまさか
  • at 2021/8/24 12:10:35


2021年8月22日(日)12:45
新宿ピカデリー
東京リベンジャーズを観た。

映画の感想なのでそれはそれネタばれ注意。

前知識少な目で行った。
ポスターはどうみてもヤンキー映画。
だが、ジャンルがファンタジーとなっている。。。

女性キャストが橘日向役の今田美桜のみという。イケメン男子をみたい人用映画。みなさんの感想も「かっこいい」が中心。

今田美桜はその後電車内の動画広告をみて気づいたが、KOSEIのCMに多く出ている人。

コミックより、話は単純化されてるようだ。

「地下鉄のホームから落ちて電車で引かれて死ぬ」ネタはGANTZを思い出した。だが、別にオマージュなどではなく。

コミックと実写映画では断然、「その世界に気持ちが入る」という意味では、コミックのほうが上。この作品もそれにあてはまっていると思う。コミック読んでないが。

コミックのタイトルは「東京卍リベンジャーズ」と卍が入っている。東京卍會は暴走族の名前で話の中心。

タイムリープネタは使わないほうがいいが、この作品自体はそれありきなので。


映画:LUPIN THE ⅢRDシリーズ①②

  • いわいまさか
  • at 2021/8/14 07:45:25


アマゾンプライムビデオで
LUPIN THE ⅢRD の 
次元大介の墓標  と
血煙の石川五ェ門 を観た。

映画:LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘 
は先日観ている。

LUPIN THE ⅢRDシリーズは3部作(今のところ)。
もやっと感想を書いたところ、ネタバレはなしなのかもw

(a) 次元や五ェ衛門や不二子やルパンや銭形や敵にこんなことを言わせたい、やらせたいという気持ちがわかる作品たち。いいね。

(b) 甘口でなく、映画のレイティング(年齢制限みたいなやつ)もありで。いいね。

(c) 決して話題が「世界」とか「宇宙」とか「人類」とか広すぎるところにいかず。いいね。

(d) ただし、(a)を重視したためか、いくらか、お膳立てが足らないというか。がんばれ。

ルパンの旧作の以下のようなシーンを思い出しながら楽しくみれた。

次元が作業員に変装している
五ェ衛門が火のついた燃料を仕込み杖を回転させてよける
不二子のボディをマジックハンドで×××
大ボスが急に肉体派だった
山から転がる石の上に乗って勝負
マモー(クローンの方)の雰囲気



記事一覧へ