RSS

 

RSS


映画:夏目友人帳

  • いわいまさか
  • at 2018/10/14 11:25:35


映画の夏目友人帳を観た。
自分は、実写班ではあるが、今回はアニメ。
2018年10月13日(土)21時45分レイトショー。
ネタバレ注意。

劇場に入るところでバッジをもらった。



これはつまり、ニャンコ先生の2号なのだ。
2号かどうかはアタマの葉っぱの枚数でわかる。
この映画では、ニャンコ先生が3体に分裂してしまう。

夏目は妖怪が見えて「名をかえす」ことはできるけど、戦うことはできないので、ニャンコ先生がいないと、話の組み立てがだいぶかわるのだった。

もんもんぼうが自分のことを「もんもんぼうです」と言っていたように思うけど、名前を返される前の妖怪は自分の名前を名乗れるんだったっけかなぁ。コミックは持っているので、確認すればよいが。

もんもんぼうの声がバイキング小峠なのは見てて気づいた。
六本腕の妖怪の声がバイキング西村なのには気づかず。

ゲーセンにニャンコ先生1号2号3号のクレーンゲームがあったら、やっちゃうよなぁ。

やっぱ、妖怪ものはいいな。


SaGa THE STAGE 〜七英雄の帰還〜

  • いわいまさか
  • at 2018/10/07 14:39:53


2018年10月6日(土)17:00~
北千住シアター1010

SaGa THE STAGE 〜七英雄の帰還〜 をみた。

山田菜々出演キッカケで観に行った。
えーっと、ゲームのロマンシング サガ2の舞台化なのだった。
http://sagastage.jp/index.html
ゲーム自体やったことないので、ゲームとの関連の程度は、判定不能。

殺陣がすごい。ヨーヨーふりまわしていたし。
魔物と戦うシーンの殺陣と映像表現の合わせ技がすごい。
魔物を表すところの映像表現・デザインがすごい。
テンポいい。世界観、ストーリーが楽しめる。
山田菜々重要。

佐藤アツヒロ初演出とのこと。
佐藤アツヒロ主演の舞台の「犬夜叉」は観てるなぁと思いwikipediaをあたると、再演の2001年のほうかな。なので、17年前とか。



パ:半月からの太陽

  • いわいまさか
  • at 2018/10/02 08:26:11


2018/10/01(月)前の日の台風24号あけで朝の電車の中から見る外の景色は青空で。

白い半月(正確に半月ではなかったが)が見えた。日中見える月。

で急に、考えをめぐらせたところを記事にする。





半月は三日月や27日月は線対称の形。
で、その対称の軸を伸ばしたところに太陽はあるのだ。(画像の上の図)
満月や新月だと、対称の軸がわからなくなるが。

天球で考えると対称の軸にあたる大円の上に太陽は乗っていることになる。

さらに、三日月か半月かなどの欠け方をみれば、大円上の月と太陽の成す角度が決められる。

簡単なところでいえば半月のときで、大円上、月と太陽が90度をなす。(画像の下の図)

そしてこれは夜の半月もいっしょ。で、90度いったところが地平線の下なら、夜の半月、90度いったところが地平線より上なら日中の半月になる。

いいかえると夜の半月は下向きにしかならないのだった。

あってるかな?

検索してみた。
上弦の月、下弦の月を書いたこの記事、
http://hooktail.sub.jp/astronomy/moon/ 
上向きの夜の月が写真で乗っててビビるが、
注釈に、「ちなみに,上弦の月は昼間に出て夕方に正中し,深夜に沈みます.下弦の月は深夜に出て明け方に正中し,昼間に沈みます.」とある。セーフ。



パ:すしざんまいパズル

  • いわいまさか
  • at 2018/9/30 19:45:01


2018年9月21日(金)20:00とか
会社帰りにすしざんまいに行った。

お会計するときのレジ横にこれがディスプレイされていて、買った。

すしざんまいオリジナルモデル一本買い!!本マグロ解体パズル

株式会社メガハウス





まだ、作ってない。




すしざんまい社長のブロマイド付き





映画:銀魂2

  • いわいまさか
  • at 2018/9/27 07:34:17


2018年9月23日(日)17:00~
川崎109シネマズ

 チケット売り場で、「17:00からのミッションインポッシブル」とお願いした。受付のおねえさん曰く「トム・クルーズの出演しているものですか? 当劇場ではやってません」とのことだった。

 あぁ、銀魂2とミッションインポッシブルとかでなんか、時間があうところはないかと探して来たので混同していたw

 川崎109シネマズに来るのは2回目か。川崎はシネコンが複数あるが、109シネマズは結局のところラゾーナ所属なのだ、そう覚えるとよい。うろちょろして、遠回りするの防止のために。

 映画「銀魂」は観ている。コミック、アニメは全くみていない。
 
 実写化好きなのでw

 佐藤二郎のキャバクラ店長が「アフアフアフアフ、アフアフアフアフ」「ある種のある種のある種のある種のそれは~~だねぇ」がすごい。関敬六の「ムッシュムラムラ」や広川太一郎の「しちゃったりなんかして」をある種ある種凌駕してるかも、なんせ、吹き替えではないし。

 タイトルは「銀魂2 掟は破るためにこそある」だった。

 格闘のアクションシーンはよくできていて、「雰囲気はいいけど、何をやってるのかわからない」のではなくて「かいつまんではあるけど、どう戦っているのかがわかる」のだった。

 前作からだけど、柳楽優弥の白むちタバコのやる気なさそうでできるやつキャラはよい。



記事一覧へ