RSS

 

RSS


映画:シン・ウルトラマン

  • いわいまさか
  • at 2022/5/16 05:06:17


シン・ウルトラマンを観た。
2022年05月15日(日)13:30
渋谷TOHOシネマズ

映画の感想であり、話題作であるので、ネタバレ注意。
V
V
V
V
V
V
  タイトルでウルトラQのかわりにシン・ゴジラを出すところなど、いくらか横暴ではある。

  映画冒頭のウルトラQの怪獣らは、「メフィラス星人の息のかかってない」ところを表すためにレトロな雰囲気で出ていた。特撮CGがいい出来なのだ。ゴーガの名前がカイガルに変わっていた。

  予告でドリルが見えたのでグビラかと思ったのは、ガボラがそういうデザインなのだった。ガボラはレトロなやつらと違ってエヴァ使徒顔なのだった。

  パゴスとガボラの類似性は初代ウルトラマンのガボラの回の脚本が、元はパゴス再登場だったところにちなんでいる。
 
 また、ウルトラQからウルトラマンや東宝作品で怪獣の着ぐるみを改造して使いまわしたのと同じように。今回の作品では、CGを使いまわしているとのことだ。wikipediaより。

 ポスター的な宣伝のクレジットに竹之内豊が載ってないのだった。出る俳優は誰だとか気にしていかないから全然サプライズじゃなかった。そこに関連しているのか、公式サイトに行っても禍特隊以外のキャストの役名・役どころが載っていないのだった。 

 ストーリーはよく編んであって、クレバーな話なのだった。しかし、出てくる人が外星人も含めてみんな冷静なのだった。これはなんだろうな?

 「巨大長澤まさみ」と「空中長澤まさみ」で笑える。

 巨大ゼットン出現時の、「突如、大きな物体が空中にあらわれるけど、みんなの生活は続いていく」という「夢でみそうな」プロットは、なんか明確な元ネタがあるんだっけなぁ。「巨神兵東京に現わる」は似た雰囲気だった。

 ゼットンの闘いから生還するあたりは、「平成ウルトラマンシリーズのどれか」にあるような、宇宙での舞台がでかすぎて、なんかもやっとするヤツまでもとりこんでいるのかも。



映画:『ホリック xxxHOLiC』を観た

  • いわいまさか
  • at 2022/5/10 07:57:55


『ホリック xxxHOLiC』を観た。
2022年05月08日(日)13:30
渋谷HUMAX

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
劇場版 呪術廻戦 0
ホリック xxxHOLiC
の3択から選んだ。
なんか、一番どんな映画かわからなかったから。

映画の感想なのでネタバレ注意

監督は蜷川実花。彼女の監督作品としては「Diner ダイナー」を観ている。漫画原作。wikipediaによれば週刊ヤングマガジン、別冊少年マガジンなど。観客が女性が多かったが、それは、アニメの影響かな。自分は、漫画もアニメも全然見ていない。

苗字読み取りでいえば、
四月一日 が わたぬき
百目鬼 が どうめき
九軒 が くのぎ
wikipediaを読み込むに映画オリジナルストーリーである部分が多そうだ。

蜷川実花(を基点とした)の色使い・デザイン・イメージ、
そして「セクシー所作指導」といスタッフが入っていたり、
衣装・メイクも独特で女性陣がよい。
柴咲コウ・玉城ティナ・DAOKO・モトーラ世理奈・趣里・西野七瀬・大原櫻子・てんちむ・橋本愛・吉岡里帆

モード系ファッション系とかわいいとセクシーというか蜷川実花味

このあとは、xxxHolicの原作やアニメをみてみるかあるいは蜷川実花の映画や写真集をみてみるか。

CLAMP(クランプ)は、大川七瀬、いがらし寒月、猫井椿、もこなの4人からなる日本の女性漫画家集団。




映画:THE BATMAN

  • いわいまさか
  • at 2022/3/21 19:06:07


THE BATMANを観た。
2022年3月20日(日)13:30
新宿TOHOシネマズ

映画の感想なので、ネタバレ注意。

上映時間が2時間55分と長いのだった。

今回のメインの敵はリドラー。
昔でいう、ナゾラーwww。
リドラーっつうと、ハテナマークの緑のスーツにハットとか、
ハテナマーク緑のレオタードにメガネとか。
今回のはモスグリーンの中田商店的な服に、ハテナマークつきで。まぁ、グリーン+ハテナというところは守っている。
ハテナ型のステッキのかわりに、ガムテープを引き出して持っているところが対比してあるのだ。
https://www.amiami.jp/top/detail/detail?gcode=FIGURE-137426 とか。

「リドラーが出したナゾナゾを解く」という要素は映画の中にあるが、「観客があてられる」用なものではないので、そこは「フーン、そうなんかー」と見るしかない。

時代はおよそ、現代設定で、SNSあり、USBあり。

 終始暗いのだった。笑えるシーンはなし、そして、なんなら、泣けるシーンもなし。それでいて約3時間飽きないでみれて、また、見終わった後、ドヨーンともしない。不思議なバランス。

 一つのシーン。謎解きのためにバットマンが、「USBを挿して」という。執事のアルフレッドが、心の声「こんな、野良USB、俺のパソコンに挿して、大丈夫なんか」を押し殺し、従ってみると、案の定、彼のメアドから各メディアにスキャンダル写真が送られるwww ここは笑えたかも。劇中の人物たちは笑ってなかったが。

 映画の中で、バットマンの両親を殺したのが、マローニなのかファルコーネなのかの2説出てくるが、これなんかは、真実あかされないまま。だが、考えてみると、バットマン父のトーマスがいくらか、裏世界人物のファルコーネを頼り、結果、最終的には悪人に殺されたという意味では一緒なのかも。

 全体的に、初心者バットマンが「復習心や恐怖」で世直しをしようとしていたが、そこを改めるきっかけになる出来事。


曲「どうなるの」掲載

  • いわいまさか
  • at 2022/2/01 04:02:05


自作の演歌「どうなるの?」のカラオケ
ネットにあがっていると便利なので、掲載。
タイトルとかをつけてあげてみる。

dounaruno_full3.mp3

が、しかし、ダウンロードはできるけど、
直接ならすようには、このブログではできないのかな?

mp3あつかい難しいのだ。
面倒なので、
https://eggs.mu/artist/mikakeru/song/6724c99c-da27-44be-bcda-ca82373cdcd7
に掲載。






映画:スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

  • いわいまさか
  • at 2022/1/19 11:56:11


スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
2020年1月10日(月)  20:00ごろ 渋谷TOHOシネマズ 吹替版
2020年1月16日(日)16:15 新宿バルト9 字幕版

映画の感想なのでそれはそれネタバレ。

 いってみれば、魔法モノなので、「それをすると、そうなるんだ」フーンとみていくわけで。魔法にダウトかけてもしょうがないので。

 また、多作品かかわりモノなので、ある部分は、「あーあれは、あの映画での、あのことか、こうだったんだっけ」とみていく。回想シーンなしで、言葉だけで表現されているところもあり、なかなか難易度が高いwww

 どのヴィランが強かったかみたいな話をスパイダーマンたちがするところで、サイの皮をかぶったロシア人という話題が出てきた。検索してみると、ライノというヴィランで映画ではアメイジング・スパイダーマン2に出ているという。その映画は観ているが、すっかり忘れていた。「スパイダーマンの闘いは続くのであった」的なシーンに登場して戦闘シーンはなかった。

 「アメージング」スパイダーマンまでは、昔のアニメの主題歌が何かしらのカタチでかかっていたが、「ホーム」からはそれはなくなったようだ。残念。
 https://www.youtube.com/watch?v=xsx3JCw62WQ 1967年のこのテーマは、かっこいい。

  スパイダーマンは代々、青春モノ要素が強いのだ、そして決まって恋人とはうまくいかない。「ホーム」シリーズではうまくいっていたのに、今回でおじゃん。
  あと、ヴィランは身近な人、過去スパイダーマンとかかわった人ばかりなのだ。スパイダーマンが悪いとするビューグルのキャスターのいうこともまぁ正しい。

 そして、ヴェノムの続編やドクターストレンジの続編があるということはわかった。


記事一覧へ